スポンサードリンク

ディズニーのミッキーの原点、忘れられたオズワルドの悲しい過去とは?

ディズニーを一躍有名にした世界で愛されているキャラクター、ミッキーマウス。

彼の原点である

 

オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット

 

というキャラクターをご存知でしょうか?

1オズワルド

1927年にウォルト・ディズニーによって生み出された彼は、ある悲劇によってとても悲しい運命を辿ってしまいます。

そんな彼の物語やその後について調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

【オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット】

2おずわるど

オズワルドはウォルト・ディズニーによって1927年に発案されたキャラクターで、28年までに26本の短編集が作られ全米で大人気のキャラクターとなりました。

しかしそこで悲劇が訪れます。

ディズニーと配給元のユニバーサルがオズワルドの所有権を巡り対立してしまうのです。

この時著作権を持っていたのはディズニーでもユニバーサルでもなく、ちょうど両者の中間で下請けをしていたチャールズ・ミンツ社という会社でした。

さらに悲劇は続きます。

チャールズ・ミンツ社が画策し、なんとディズニーにいた有能なアニメーターを殆どユニバーサルに引き抜いてしまったのです。

そしてオズワルドの権利もまたユニバーサルの手に渡ってしまったのです。

この経験からディズニーは著作権にとても厳しくなったと言われています。

 

【ミッキーと○○の誕生】

1ミッキー

ディズニーに残った僅かなスタッフ達とウォルト・ディズニーはミッキーマウスを作り上げ倒産の危機を乗り越えます。

そしてミッキーは全米どころか世界中から愛されるキャラクターにまで成長したのです。

 

一方、ユニバーサルもある人気キャラクターを作り上げます。

それがコチラ↓

1ウッディ

ウッディー・ウッドペッカーです。

ユニバーサルの顔とも言うべき大人気キャラクターになったウッディ。

その影で次第に人気がなくなっていったオズワルドは忘れられていきます。

1おず

このようにデザインを何度も変更したりと試行錯誤しましたが、結局人気が再燃する事はなかったそうです。

コチラの動画で、切ないオズワルドの心情がわかりますよ。

 

その後、生みの親であったウォルト・ディズニーは1966年に亡くなってしまいます。

 

【ディズニーの執念】

10オズワルド

「いつかオズワルドを必ず取り戻せ」

 

これはまことしやかに噂されている、ディズニー社の社長にだけ伝えられていたという社訓だそうです。

でたらめかもしれませんが、オズワルドを諦めないディズニーの遺志が後年に現実のものとなるのです。

 

【ディズニーに版権が戻ってきた理由は?】

3オズワルド

大企業になったディズニーは、傘下にABC(アメリカン・ブロードキャスティング・カンパニー)という放送局を持つまで成長しました。

ABCでは夜のアメフトの中継をしていたのですが、その中継からの撤退を2005年度で決めていました。

そして翌年の2006年からは同じディズニー傘下のESPNに、そしてESPNが持っていた日曜夜のアメフト放映権をユニバーサルの傘下の放送局であるNBCに放映権が移る事になります。

そこで人気番組だったマンデーナイトフットボール

 

・解説のジョン・マッデン

・実況のアル・マイケルズ

・主要制作スタッフ

 

を引き抜いてしまったのです。

 

しかし生粋のABCのスポーツアナウンサーだったアル・マイケルズさんを簡単に移籍させられないと思っていたNBC側は、

「ESPNにオリンピックのハイライト番組放映権」

を引き抜き前にABCに譲渡し、そして親元であるディズニーへの手打ちとして、

「しあわせウサギのオズワルドの権利」

を譲渡した事で円滑に引き抜きを行ったのです。

コチラが引き抜かれたアナウンサーのアル・マイケルズさんです↓

1ある

既にディズニーのもとを離れて80年近い時を隔てましたが、ようやく子供が親元に帰って来た瞬間でした。

 

【オズワルドの悲痛な叫び】

6オズワルド

オズワルドの権利が戻ってディズニーのキャラクターとして売り出されるようになると、TDLにフロートとして登場するなど活躍していました。

そして2010年ミッキーが主役のゲーム、

「ディズニー エピックミッキー 〜ミッキーマウスと魔法の筆〜」

にて重要な役を任されたのです。

5オズワルド

ミッキーは忘れ去られてしまった過去のディズニー作品のキャラクター達が住む世界、ウェイストランドに吸い込まれ冒険を繰り広げます。

そこでミッキーのライバルキャラとして登場するのがオズワルドなのです。

オズワルドは忘れ去られたキャラクター達のリーダーとして活躍していますが、表舞台の自分の全てを奪っていったミッキーに強い恨みや嫉妬を抱いているという設定なのです。

作中でのオズワルドの叫びはプレイヤーである私たちの心を揺さぶります。

 

「みんないつでもきみのことばかり
きみ きみ きみだ!
ミッキー・マウス!
ミッキー・マウス!
ミッキー・マウス!
ミッキーミッキーマウス!!」

 

「そうさ!きみには帰る場所がある!
ぼくにだってむかしはあったんだ!
たいしたものじゃないけどぼくらの場所だった!
きみには・・・きみにはなんでもある!
家族!友だち!ファン!
ファンはぼくをわすれた!
でも、きみのためにはなんでもおしみなくつぎこんだ!
こんなガラクタまでよろこんで買ってさ!」

 

「しあわせそうに見えるかい?
ぼくはオズワルドの残りかすだ
もっとはっきり言うなら・・・
きみが出てきたあとの残りかすだ」

 

「こいつはぼくからファンも家も人生も取り上げたんだ!
ぼくにのこったのはウェイストランドのヒーローの座だけ!
こんどはそれさえ取る上げるつもりかっ!?
いやだ!ミッキーとぼくだなんて!
すぐにミッキーだけの手がらになっちゃうんだから!」

 

現実の問題をオマージュした、

悲痛な叫びですね。

 

 

スポンサードリンク

 

1支配人

「編集長の一言」

オズワルドがディズニーに帰ってくるまで、本当に長い時間が掛かってしまいました。

オズワルド、おかえりなさい。

ディズニーリゾートで彼を見たら、おかえりと声を掛けてあげて下さいね!

オズワルドはきっと喜んでくれるでしょう。

この記事を書いた人

編集部
編集部
ひとりっこタイムを運営する、実はひとりっこじゃない集団です。
不意にできた1人の時間を有意義に過ごしてもらうため、日夜奮闘しています!
ひとりっこタイム