スポンサードリンク

iPhoneを死なす「エラー53」原因は不正規修理のホームボタン

iPhoneをiOSバージョン9にアップデートした際に、不正規店で修理したiPhone6が一切の操作を受け付けず何も出来なくなる。

そんな恐ろしい報告がされている事をご存知ですか?

iPhoneを使っているユーザーに取って恐怖を感じるこの現象、共通して画面に「エラー53」という表示が出るそうなのですが、このエラーにはある部品が関わっているのです。

 

スポンサードリンク

 

【iPhoneが置物になっちまった…】

スクリーンショット 2016-02-08 14.40.38

一度発生してしまうと正規店に持ち込んでも対処の仕様が無いと言われているエラー53

一体iPhoneに何が起こったのでしょうか!?

実はこの現象にはある共通点があります。それは…

 

・不正規店で修理をした

・その箇所はホームボタン

・その後iOS9にバージョンアップをする

・被害が出ているのはiPhone6

 

このような共通点があるのです。

エラー53が出てしまう原因は、どうやらホームボタンやスクリーン周辺の部品を非正規店で修理した場合のようです。

iPhone6にはホームボタンに「Touch ID」という指紋認証機能が搭載されています。

iOSをアップグレードすると、端末は純正の部品が使われているかをチェックする動作を行うのですが、ここで純正以外の部品を使用していると端末はロックされてしまうというのです!

スクリーンショット 2016-02-08 13.54.16

そもそも近所に正規店がないという方が間違いなく割合が高いApple社の製品が故障した場合、どうしても不正規店に持って行って修理する事になりますよね。

むしろ自国にアップルストアがないという国も珍しくありません。

 

私も自分が使っているiPhone5が電源ボタンの不具合が起きた際に契約したauショップに持ち込んだ所、アップルに持って行ってもらわないと修理出来ないと言われました。

しかしもしも近くに不正規の修理店があったなら、私はそちらに行っていたかもしれません。

 

【世界中で激怒の声も、アップル側「当然の措置」】

スクリーンショット 2016-02-08 13.55.13

「アップデートをするだけで製品が使用不能になるなんて、そんな馬鹿な話があるか!!」

そう激怒するのは、フリーランスのカメラマンをされているアントニオ・オルモスという方。

彼は熱心なアップル信者を自称する程アップル製品が大好きだったそうですが、難民問題でマケドニアを取材中にiPhoneを落として故障させてしまいます。

アップルストアが国内に無かった事と仕事ですぐに使う必要があった事から、仕方なく不正規店で修理をした数ヶ月後にこのエラー53状態になってしまったそうです。

帰国しアップルストアにiPhoneを持ち込んだオルモスさんを待ち受けていたのは、

 

「どうする事も出来ないから新品と交換してね、4万6千円」

 

という冷たい死刑宣告でした。

同様の現象は既に世界中で起きており、アップルに対し批判が強まっています。

しかしアップル側は反論します。

 

「これは必要な措置だ」

 

と考えているようですね。

アップルではセキュリティを最重要視していて、生体認証情報は重要な資産だと語っています。

Touch IDに絡むホームボタン等の部品を交換する事は、そのセキュア情報を危険に晒してしまう事になってしまい、ハッキングされた危険なTouch IDによって個人情報が不正利用されるといった懸念もあると考えているようです。

どちらの言い分も納得出来るだけに一概にどちらが悪いとは言えませんが、なんとかアップルには柔軟な対策を求めたいですよね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

「編集長の一言」

この現象の一番の問題点は、中に入っている写真等のデータが一切取り出せなくなり事実上紛失したのと変わらない状態になってしまうという点です。

目の前にあるのに一切情報をバックアップ出来なくなるのを想像すると、私ならば発狂する自信がありますね(笑)

iPhone6以降の機種を使っていて少しでも思い当たる節がある方は、絶対にiOS9にアップデートしてはいけませんよ!!

 

ひとりっこタイム