スポンサードリンク

何なんだよコイツら!ヘンテコな動物達【第4弾】

世の中にはまだまだ未知な動物達が多く生息しています。

人間から見ると「何コレっ!」と思わずつぶやいたり叫んでしまうような外見をしている動物達ですが、その姿には何かしらの理由があるはずです。

進化の過程で多様な進化を遂げた動物達をどうぞご覧下さい!

 

スポンサードリンク

 

・サーカスティック・フリンジヘッド

スクリーンショット 2016-01-24 16.32.43

太平洋から北アメリカの海岸に生息する、大口モンスターと呼ばれる事もある異常な程の大きな口を持つ魚のサーカスティック・フリンジヘッド。

通称は「エイリアンフィッシュ」と呼ばれるだけはあり、本当に映画に出てくるエイリアンのようです。

スクリーンショット 2016-01-24 16.50.22

その大きな口は敵と認識した相手に向ける威嚇の意味合いがあるそうで、縄張り争いをするサーカスティック・フリンジヘッド同士は口を向け合い押し合うと言う物理的な口喧嘩をすることで有名ですね!

スクリーンショット 2016-01-25 11.38.46

性格は獰猛で、ダイバーにすら挑みかかる果敢な性格の持ち主でもあります。

 

・サイガアンテロープ

スクリーンショット 2016-01-24 17.01.11

このふざけたフォルムの鼻を持っている鹿のような動物は、サイガアンテロープという動物でカモシカの仲間です。

カザフスタン等の中央アジアに生息している彼らは目が良く、約10km先まで見る事の出来る視力と、夏は砂埃が舞う大気から新鮮な空気を取り入れる事が出来、冬は温かい空気を吸う事が出来ると言う優れた効果を発揮します。

スクリーンショット 2016-01-24 17.01.22

絶滅危惧種に認定されており、現在も頭数が少なくなっている動物の一つです。

 

・エダハヘラオヤモリ

スクリーンショット 2016-01-24 16.45.55

マダガスカルで「悪魔の使い」と恐れられている存在が、このエダハヘラオヤモリです。

落ち葉や葉っぱにそっくりなその体色や体の形は個体によって様々で、中には尻尾に虫食いの穴まで再現した個体までいるそうです。

スクリーンショット 2016-01-24 16.55.23

さあ、ヤモリがどこにいるか分かりますか?

スクリーンショット 2016-01-24 16.55.00

もの凄い擬態能力ですね、まるで忍者のようです!

 

スポンサードリンク

 

生存競争を生き抜く中で独自の進化を遂げた、驚くべき体の形を持つ動物達。

他にどんな面白動物がいるのか、わくわくしてきますね!

 

ひとりっこタイム