スポンサードリンク

何だコイツ!?ヘンテコな動物達【第3弾】

今回でヘンテコな動物シリーズもパート3に突入しました。

生活のスタイルや食べ物、周囲の環境や外的の存在等で幅広く枝分かれしたその姿には何らかの意味が隠されています。

洗練された姿もあれば、なぜこのような姿になったのかと頭を捻ってしまう生き物も沢山いますよね!

今回もそんなヘンテコな姿の動物達を紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

・カワゴンドウ

スクリーンショット 2016-01-16 15.06.05

カワゴンドウは海棲哺乳類で、イルカの仲間です。

特徴的なのはその顔であり、間の抜けたと言うべきか愛嬌があるというべきか微妙なその姿はとても愛らしく、イルカショー等でも見た事のある方はいるのではないでしょうか?

 

スクリーンショット 2016-01-16 15.05.54 1

東南アジアの河川の河口近くや海岸等に生息しており、人間と共同で魚を取る事もある程の知性を持っているようです。

 

スクリーンショット 2016-01-16 15.06.42

そしてこのキメ顔である。

 

・タテガミオオカミ

スクリーンショット 2016-01-16 15.23.17

タテガミオオカミはイヌ科最速を誇るオオカミです。

その理由は…。

 

スクリーンショット 2016-01-16 15.29.22

そう、この以上に長い四肢にあります。

どこかモデルのように見せつけているような雰囲気でドヤ顔をしているような気すらしますが、多分気のせいでしょう。

 

スクリーンショット 2016-01-16 15.23.01

足が長くなった要因として、低木が多く存在する沼地等で生息しているうちに、茂みを歩くのに適した体となっていったと考えられていますね。

彼らはアルゼンチンやウルグアイ等の南米に生息しており、その脚力はチーターに匹敵しニワトリを睨んだだけで殺すと言う民話まであります。

しかし走っている最中に立ち止まって安全確認をする習性があり、そこを人間に突かれて現在数が減少している動物でもあります。

 

・ケープアラゲジリス

スクリーンショット 2016-01-16 15.39.04

リスの仲間で、南部アフリカの南アフリカ共和国やボツワナ等の乾燥した地域に生息しています。

固い体毛とは裏腹に、その尻尾はモッフモフ!

 

スクリーンショット 2016-01-16 15.39.25

それを傘のようにして暑い日差しから身を守ったり、盾のようにして仲間と共に捕食者へ立ち向かったりする勇敢な一面も持ちます。

しかし、彼らのオスにはさらにとんでもない特徴が!

それは…。

 

スクリーンショット 2016-01-16 15.36.06

でっ、でかい!(確信)

 

スポンサードリンク

 

世の中には面白い生き物達がたくさん住んでいますね。

これからもまだ見ぬヘンテコ動物達を紹介していきたいと思います!

 

ひとりっこタイム