スポンサードリンク

「ゆめ色クッキング」のくりた陸先生が乳がんで7月4日に死去

先月、6月22日に乳がんで闘病中だった市川海老蔵さんの妻でアナウンサーの小林麻央さんが亡くなられ、世間は悲しみに暮れました。

彼女のブログで同様の痛みを分かち合い、励まされた方もきっと多かっただろうと思います。

そんな中、これまで小林さんと同様がんと戦ってきた「ゆめ色クッキング」「くじらの親子」などの漫画を手掛けられた漫画家のくりた陸さんが、7月4日に亡くなられていたことが分かりました。ファンの方からは悼むコメントが相次いでいます。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

くりた陸さんの訃報でファンはショック隠しきれず

くりた陸

くりた陸さんは「ゆめ色クッキング」「くじらの親子」「オレの子ですか?」などの代表作を手掛ける少女漫画家で、2003年に乳がんの宣告を受けてから、長い期間闘病されてきました。

しかし2017年7月4日、くりた陸さんのTwitterアカウントで「長らく病気と闘ってきたくりた陸ですが、7月4日早朝に、息を引き取りました」と発表し、亡くなられたことを報告。

デザートなどのくりた陸さんと関係があった出版社も訃報を報じており、ファンからもショックを隠しきれないコメントが今も届いています。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

長い間がんと戦ってきたくりた陸さん。

「フォアミセス」8月号の巻頭カラーを描き上げた後に永眠されたそうで、最後まで漫画家として活動されながら亡くなられたことは尊敬に値します。

心よりご冥福をお祈り致します。

サムネ出典:ITmediaより

 

ひとりっこタイム