スポンサードリンク

肌や髪出せない東南アジアのイスラム教女子のヒジャブコスプレが個性的?

イスラム教では女性は顔と手以外は隠し、近親者以外に目立ってはいけないという決まりがあります。よく頭部全体を覆う布を巻いていますよね。

これはヒジャブ(顔全体が出ている布)やブルカ(目だけしか見えなかったり、目も網状になっている顔全体を覆うタイプの布)と呼ばれるもので、これで女性は綺麗な部分を他者へ魅せないようにしなければいけません。

そんなイスラム教徒の女性が多い東南アジアを中心に、今日本のアニメが大流行。そしてコスプレをする方達まで多くいるのだとか。しかし、イスラム教の女性は殆ど楽しめないのではないかと思いきや、素晴らしい発想で独自の楽しみ方をされていたのです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

ヒジャブコスプレが大流行?

ヒジャブコスプレ3

出典:withnewsより

東南アジアでは日本のアニメやマンガが大流行。さらに日本のように登場人物達になりきる「コスプレ」も多くの方がされるようになっているそうです。

しかし、東南アジアではイスラム教の方が多く、特に女性には「肌や髪を見せてはならない」という厳しい戒律が聖典コーランにあります。

ヒジャブ

コスプレと言えば髪型や髪色を再現したり、衣装に凝ったりもするもの。その店では自由のきかないイスラム教徒の女性は無理なのではないでしょうか?

ところが、頭に巻くスカーフ「ヒジャブ」を上手く使い、キャラクターの髪の毛や色を再現して「ヒジャブコスプレ」という新たなジャンルを彼女達は確立したのです。

ヒジャブコスプレ

出典:withnewsより

こちらはインドネシア人のryousukeさん。初音ミクのコスプレを見事されています。

他の方では、ヒジャブで初音ミクのツインテールを再現している方もおり、ネット上ではその巻き方などが動画で公開されていたりもしているようです。

ヒジャブコスプレ2

出典:withnewsより

こちらはマレーシア人のAi Nuruiさんがヒジャブコスプレした銀魂の神楽です。

ここまで再現出来るのならば、ウィッグとなんら遜色がないかもしれません。さらに言えば個性的なヒジャブが可愛いと日本に逆輸入される可能性もあり得るかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

頭に巻くヒジャブでここまで出来るなんて、最初にこのコスプレを考えた方は凄いですね。

しっかりとキャラクターの特徴も掴んでいますし、素晴らしいと思います。しかし難点があり、キャラクター達の衣装を完全に再現すると肌を露出する場合(短いスカートなど)それが出来ないのがネックなのだそうです。

 

ひとりっこタイム