スポンサードリンク

深海底の熱水噴出孔の周囲に微弱な電流?生命誕生の原因の可能性も

私たち地球に生きる生命は、一体どうやって生まれたのか。一番最初の生命体がどうやって発生したのかは、未だに謎が残る研究対象の1つです。

深海で生まれた説、宇宙から落ちて来た説など様々な説が飛び交っていますが、とある研究チームが深海の熱水噴出孔の周囲に微弱な電流が流れているのを発見。

この電流が海中の有機物から生命が生まれるための、重要な役目を担った可能性があると発表されたのです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

生命の起源は熱水噴出孔?

スクリーンショット 2017-05-07 13.05.01

海洋研究開発機構と理化学研究所のチームは、2015年に沖縄の北西約150km沖の深さ1000m程の海底を無人探査機で調査しました。

海底にある熱水噴出孔の周囲100m程を調査した結果、下方から上方に向かって微弱な電流が流れているのが発見されたのだそう。

熱水に硫化水素などの電子を放出しやすい物質が含まれていることから「電流が流れやすい状態」なのだそうですが、この電流が生命誕生の鍵を握っているかもしれないと研究チームは話しているそうです。

DNAなどの複雑な分子がどのように作られたのかなどは未だ不明だそうですが、大きな一歩となるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

生命誕生には様々な説が研究されています。今回の熱水噴出孔付近の電流の発見は、生命誕生の可能性を探る大きな一歩となるかもしれません。

私たち生命がどうやって生まれたのか、非常に興味深いですね。脳から各部位に命令を行う際に微弱な電流が流れ、各部位はその通りに動きます。どんな生物も基本は同じだそうですから、何か関係があるのかもしれませんね。

 

ひとりっこタイム