スポンサードリンク

ねこまんまは関西では「味噌汁かけご飯」関東は「鰹節かけご飯」?

食卓に並ぶおかずやご飯。お腹が空くとよだれが止まらなくなることもありますよね。編集長は、味噌汁を最後にご飯にかけて、サラサラとよく食べていました。

そんな味噌汁かけご飯を「ねこまんま」と呼んでいましたが、この呼称や形態が地域によって異なることを知っていますか?

実は関東と関西で、「ねこまんま」の姿が異なっているというのですが、本当なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

関東のねこまんま

スクリーンショット 2017-05-02 16.06.18

関東のねこまんまは、ご飯に鰹節をのせ、醤油をかけて混ぜ合わせるご飯のことだそう。非常にシンプルなのですが、これがたまに無性に食べたくなるんですよね。

関東ではねこまんまと言えばこの鰹節・おかかご飯が一般的なようです。

 

関西のねこまんま

スクリーンショット 2017-05-02 16.07.15

関西のねこまんまは、ご飯に味噌汁をかける、またはその逆で味噌汁の中にご飯を入れるものなのだそう。俗に言う「味噌汁ぶっかけご飯」「味噌汁茶漬け」ですね。

関西ではねこまんまは味噌汁かけご飯が一般的というのが共通認識なのだそうです。

また地域や家庭によっては、味噌汁に限らず汁物をご飯にかけたものをねこまんまと呼ぶそうですよ。

 

地域は関係ない?

スクリーンショット 2017-05-02 16.08.05

このように地域によって認識が違うねこまんま。しかし、編集長の家は関東なのですが、私の家では「味噌汁かけご飯がねこまんま」という認識でしたので、鰹節ご飯はそのままのネーミングでした。

関東では鰹節ごはんが、関西では味噌汁かけご飯がねこまんまだということですが、ネット上では

 

 

 

 

 

と、様々な意見が出ていました。私の両親は両方とも関東人でしたから、大まかな地域差はあれど、同じ地域でも家庭によって違いが出ているようですね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

ねこまんまは「味噌汁茶漬け」だと思っていたら、関東では鰹節ごはんがねこまんまが一般的だったとは驚きました。

あなたはねこまんまと聞いたら、どんなものをイメージしますか?

 

ひとりっこタイム