スポンサードリンク

3億8000万円強盗事件でみずほ銀行が紙幣番号記録せずも擁護の声多数?

福岡県で起きた、現金3億8000万円が奪われた事件。警察の懸命の捜査が続いていますが、続報で福岡空港から国外に7億円を超える現金を持ち出そうとした疑いで、韓国籍の男4名を逮捕しました。

なんらかの関連が疑われ、警察は慎重に捜査を続けているそうです。

そんな中、現金を引き出したみずほ銀行福岡支店が、3億円を超える大金を引き出したにも関わらず、奪われた紙幣の番号を銀行側が記録していなかったことが報じられました。しかし、ネット上からは擁護する声が多数出ているのです。

 

スポンサードリンク

 

紙幣番号記録せず

スクリーンショット 2017-04-22 14.59.46

福岡市中央区天神の路上で、4月20日に現金3億8400万円が奪われるというとんでもない強盗事件が発生しました。

現金を奪われた男性は、天神1丁目のみずほ銀行福岡支店で現金を引き出した東京都足立区の29歳の男性会社員。彼は現金を入れた黒いスーツケースをレンタカーに積み込もうと後部座席のドアを開けようとしたところ、2人組の男に催涙スプレーのようなものを顔にかけられ、現金を強奪されたのです。

スクリーンショット 2017-04-22 15.01.05

被害男性は顔に軽度の怪我をしてしまいましたが、他に怪我はなかったそう。

犯人の男らは、スーツケースを同じ駐車場内に止めていたワンボックスカーに積み込むと、出入り口のバーを折りながら駐車場を出たそう。その後、信号無視を繰り返しながら天神地区を南北に走る「渡辺通り」を南へ逃走し、行方をくらませたそうです。

スクリーンショット 2017-04-22 15.01.50

被害男性は事前にお金を下ろすことを銀行に伝えていたそうで、県警に対して「市内の取引先に持っていく予定だった」と話しているそうです。

また捜査関係者への取材で、みずほ銀行側は紙幣番号を控えていなかったことが判明したのです。

ネット上では職務怠慢だと批判する声がある一方、

 

 

 

 

と、「銀行側の業務でも義務でもない」「封を開けてしまうとさらに手間がかかる」という声が多数出ていました。

確かに私も高額の現金引き出しの際には紙幣番号を控えているものと思っていましたが、それらは基本的にドラマなどから得た知識でしたし、殆どが身代金など犯罪にまつわることでの対応だったことを思い出しました。

いちいち顧客の現金引き出しの際に控えていたら、膨大な情報になってしまい管理も手間も大変なことになりそうですよね。今回の件も、みずほ銀行の落ち度というわけではなさそうです。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

てっきり高額の引き出しの際は紙幣番号を毎回控えているのかと思っていたのですが、今回の事件では3億8000万円分、つまり3万8000枚分もの番号を控えなければいけないことに…。

さらに封を開けてしまうと再度数え直して封をし直さなければならず、手間が尋常でないことになりますから、基本的には控えていないのも当然なのかもしれませんね。

 

ひとりっこタイム