スポンサードリンク

桂歌丸師匠が死去の噂はデマだった?肺炎で入院と落語芸術協会明かす

落語家の桂歌丸師匠といえば、笑点の司会であり、円楽師匠との毒舌を交えた掛け合いが幅広い世代から愛されている方。

笑点を常に支えてきた歌丸師匠は現在笑点を引退されてしまっていますが、出演される公演には多くのファンが集まることからも、人気の高さが伺えますよね。

そんな歌丸師匠ですが、現在80歳と非常に高齢であり、度々体調を崩されファンは心配しています。そんな中、ネット上で歌丸師匠が亡くなったという情報が飛び交っているのです。果たしてその情報は本当なのか、それともただのデマなのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

歌丸師匠が死去!?

スクリーンショット 2017-04-17 2.40.32

笑点で最初期から活躍していた、落語家の桂歌丸師匠。現在80歳と非常に高齢ですが、まだまだ現役で公演などに精を出しています。

残念なことに笑点は引退されてしまいましたが、落語家としての活動は生涯現役を貫く方針だそうで、ファンも出演される一席を楽しみにしているようですね。

そんな歌丸師匠、笑点を引退された理由が「50周年を迎えたこと」「体力的な限界であること」ということ以外にも、腸閉塞を始めとした病気になることが増えたことも原因だといわれています。

スクリーンショット 2017-04-17 2.40.22

事実1月には肺炎で入院されており、ファンは非常に心配していましたからね。

その歌丸師匠が、4月16日に亡くなったという噂がネット上で出回り、ファンが騒然としていました。

これには私自身も「嘘だろ!?」と大慌てで調べてみたのですが、歌丸師匠は「再度肺炎を発症し横浜市内の病院に入院された」ということが、会長を務められている落語芸術協会の発表で明らかになっています。

つまり、ネット上での発言で「死去」と発言されたデマが広がってしまったのが原因のようですね。

 

 

 

 

 

現在Twitter上で死去と発言されたツイートは1300以上もリツイートされています。私も一目見た時は慌てましたが、しっかりとソースを調べるなどの確認作業をなぜしないのでしょうか?

意図的にリツイート稼ぎをしたいのかは分かりませんが、人の生き死にでふざけるような人間にはなりたくないものですね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

本当に歌丸師匠が心配でなりませんでしたが、亡くなられたという報道が一切無かったことから、デマである可能性が極めて高いようですね。

安心したと共に、なぜこのようなくだらないことをされるのか…と憤りを感じますね。確かに歌丸師匠は自身の死亡ネタで私たちを笑わせてくれていましたけども、死亡したと嘘をつくことを気軽に出来る神経が私には分かりません。

 

ひとりっこタイム