スポンサードリンク

千葉県松戸市の女児殺害事件で逮捕された男は小学校のPTA会長だった!

私たち大人が現在の教養や知識を身につけているのは、学校に通って勉強をしてきたからに他なりませんよね。

最近では日本も物騒になってきており、学校に通う子供達を犯罪から守るため、家族や地域の人間が協力して安全を見守っています。

しかし、それでも悲劇が無くならないのは事実です。千葉県松戸市でも、小学生の女の子が遺体で発見される痛ましい事件が起きていました。その犯人が逮捕されたのですが、なんとその正体は子供を守るはずのPTAの会長だったのです。

 

スポンサードリンク

 

千葉県松戸市女児殺害事件

スクリーンショット 2017-04-14 16.08.32

千葉県松戸市で、市内に住む小学3年生の在日ベトナム人の女の子「レ・ティ・ニャット・リン」ちゃん(9歳)が3月24日の朝から行方が分からなくなった事件。

この失踪事件は3月26日、同県の我孫子市の橋の下の草むらから、リンちゃんが遺体で見つかるという最悪の結末を迎えることになったのです。

リンちゃんは普段から学校を無断欠席して遊ぶようなことは一度もなく、むしろ風邪を引いても学校に行きたがるような子だったこと、遺体が衣服を身に纏っていなかったこと、遺体発見現場から北西に約18km離れた茨城県坂東市莚打(むしろうち)の利根川河川敷で、リンちゃんのランドセルや女児用の衣服、防犯ブザーが見つかったことなどから、警察は事件と断定して捜査を進めていました。

その結果、リンちゃんの家の近くに住む40代の渋谷恭正容疑者が、リンちゃんの慰留物から検出されたDNAと酷似したことから浮上し、逮捕となったのです。

スクリーンショット 2017-04-14 16.07.25

しかし、この男性の逮捕にネット上では衝撃が走っています。その原因は、渋谷容疑者が着いていた役職がPTA会長だったのです。

つまり、渋谷容疑者の子供はリンちゃんと同じ学校に通っているばかりか、リンちゃんと面識があった可能性があります。

さらに渋谷容疑者は、事件後にリンちゃんの家族の帰国のためのボランティア活動を何食わぬ顔で率先して行っていたというのです。ネット上からも

 

 

 

 

あまりにも胸くその悪い事件に、否定的な意見が多く目立ちました。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

家庭を持ち、子供がいた渋谷容疑者。なぜこのような凶行に及んでしまったのでしょうか…。

残される家族や、被害者の家族が不憫でなりません。亡くなられたリンちゃんのご冥福を心よりお祈り致します。

 

ひとりっこタイム