スポンサードリンク

北朝鮮への艦隊派遣でトランプ大統領の「無敵艦隊」発言は誤訳か

暴走を続ける北朝鮮へ、とうとう世界情勢が動き始めました。

日本と同盟を結んでいるアメリカが、原子力空母などを含めた艦隊を北朝鮮のある朝鮮半島付近へ向け派遣。この行動に対して北朝鮮も徹底抗戦をすると発表し、日本周辺では緊張が走っています。

そんな中、トランプ大統領がメディアのインタビューに応え、その内容がネット上で話題になっています。

 

スポンサードリンク

 

北朝鮮へ無敵艦隊を派遣?

スクリーンショット 2017-04-12 15.10.50

アメリカは4月9日に、米原子力空母カール・ビンソンを始めとする空母打撃群が朝鮮半島近海へ向け出航していることが判明していました。

これについてトランプ大統領は12日に放送予定のFOXビジネスのインタビューに応え、

 

「無敵艦隊を派遣した。さらに、空母よりずっと強力な潜水艦も持っている」

スクリーンショット 2017-04-12 15.57.37

と発言し、公に北朝鮮への艦隊派遣を認めました。これに対して北朝鮮側は強く反発し、

 

「我が革命的に強力な軍は、敵部隊のあらゆる動きに目を光らせており、我々の核の照準は韓国と太平洋区域の米国の侵略的基地だけでなく、米国本土にも向いている

 

と発言。先制攻撃を受ければ核攻撃による反撃を行うと発言したのです。この米軍の侵略的基地とは日本の在日米軍基地も当然含まれていますから、日本が核攻撃される可能性も十分考えられますよね。

もはや対岸の火事とは言えませんし、

 

トランプ大統領の発言は誤訳だった?

スクリーンショット 2017-04-12 15.51.08

日本のメディアはこぞってこのトランプ大統領の発言を取り上げ、北朝鮮への艦隊派遣を伝えています。しかし、その内容は

 

「無敵艦隊を派遣した」

スクリーンショット 2017-04-12 15.50.30

というもので、ネット上からは「それ負けフラグだから!」「スペインじゃあるまいし」「ネットで意味調べてみろよ」とツッコミが相次ぎました。

確かに無敵艦隊を称したスペイン艦隊はイギリス海軍に惨敗してしまいましたし、日本もミッドウェー海戦で当時最強と謳われた空母4隻を含む航空戦力を失っており、あまり良い言い回しとはいえないですよね。

しかし、このトランプ大統領のコメントは誤訳であったことが分かったのです。トランプ大統領は

 

「We are sending an Armada. Very powerful」

スクリーンショット 2017-04-12 14.59.42

と発言しています。無敵艦隊は「the Armada」であり、トランプ大統領の発言は単に「(屈強な・大規模な)艦隊」という意味となります。

 

 

 

 

とネット上からもツッコミが相次いでおり、単なる誤訳だということが分かりますね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

確かに「armada」だけでも特別な意訳が無い限りスペイン艦隊の意味を持つそうですし、無敵艦隊と勘違いしても仕方ないとは思いますが、かなり意味が違ってきますよね。

私もメディアを運営する以上、このような間違いをしないように十分気をつけていきたいと思います。

それにしても、北朝鮮とアメリカの一触即発状態は無視出来ません。下手をすると戦争が始まってしまうかもしれません。対岸の火事と思わず、しっかりと情報を注視していきたいですね。

 

ひとりっこタイム