スポンサードリンク

湖池屋・カルビーのポテチが消える?台風被害でジャガイモ不足が深刻化

ポテトチップスといえば、スナック菓子の王道の1つであり、ジャガイモを薄くスライスして油でカリカリに揚げ、味付けしたもの。編集長も大好物の1つでもあります。

そんなポテトチップスを販売している大手メーカーといえば、湖池屋やカルビーなどがすぐに思いつきますよね。

そのポテトチップスが、4月中に店頭から多くが消えてしまうというのです!その原因は昨年北海道を襲った台風が影響していたのです。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

台風10号の爪痕は大きかった

スクリーンショット 2017-04-10 11.55.59

「ポテトチップスが店頭から消えてしまう!?」という、ポテチ大好きな編集長からすると衝撃的なニュースが報じられていましたが、実はこのポテチ消失騒動の原因は、昨年に北海道を襲った台風の被害が影響しているのです。

当サイトでも過去の記事で報じたのですが、この台風10号でカラムーチョなどの製造をしていた工場が浸水被害を受け稼働出来ない状態に。

さらに昨年は10号を含めて4つの台風が北海道を襲い、9月頃から収穫期のジャガイモに深刻な被害を与えていたのだとか。

カルビーからはフレンチサラダ・しょうゆマヨ・梅味・しあわせバター味や定番商品であるうすしお・コンソメ・ピザポテトのビッグサイズが4月中旬から休売に。

湖池屋からはリッチコンソメの全サイズ・カラムーチョのパーティーサイズ終売(もう生産せず、販売を終了すること)のほか、ガーリック・のり醤油も休売となるそうです。

スクリーンショット 2017-04-10 11.53.34

いずれも販売再開の目処は立っておらず、ポテチ好きの方は悶々とした時期を過ごすことになるかもしれません。

ジャガイモの生産は5月に九州から始まるのだそうですが、北海道と比べると一桁少ないそうで、原材料として賄うことは難しいそうです。かなり長引くかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

現在各店舗が抱えている在庫が無くなり次第、売り場から消えていくことになるポテトチップス。大好きな私としては茫然自失となりそうです。

外国産のジャガイモで代用しようにも、品質が悪くて製品化出来なかったそうですから、やはり北海道のジャガイモは別格なのでしょうね。

出来るだけ早く販売が再開されることを祈っています。それと、これを狙って高値で売ろうとする転売屋が現れるでしょうが、彼らからは出来るだけ購入しないようにしましょうね。

 

この記事を書いた人

編集部
編集部
ひとりっこタイムを運営する、実はひとりっこじゃない集団です。
不意にできた1人の時間を有意義に過ごしてもらうため、日夜奮闘しています!
ひとりっこタイム