スポンサードリンク

就職した新社会人は懲役40年!?実際の囚人と社畜を比較した結果とは

4月に入り、2日から新たなスタートを切る方が多かったのではないでしょうか。

特に学校を卒業した学生達が新社会人として羽ばたく、大変ですが希望に満ちた瞬間とも言えるでしょう。

しかし、そんな社会ではブラック企業と呼ばれる企業で社畜になる方も少なからず存在します。そんな現状を皮肉ったのか、「新社会人は懲役40年」という言葉がネット上で注目されています。

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社畜は囚人より扱いが酷い?

スクリーンショット 2017-04-03 15.32.58

社畜と呼ばれる、社員として勤めている会社に飼い慣らされてしまい、自分の意思と良心を放棄し奴隷(家畜)と化したサラリーマン、OLの状態を揶揄した言葉のことで、基本的には激務が続く「ブラック企業」に務める方を指すことが多いですね。

そんな社畜人生を「懲役40年」と揶揄する声がネット上で出ています。そして実際に比較してみた結果、

スクリーンショット 2017-04-03 15.28.32

これ囚人の方が待遇良くありませんかね?(笑)

年金次第ですが、無期懲役ということもあり得るような…。

もちろん就職した会社によって待遇は違いますし、「働き甲斐のある職場・職種」だったり、「働いた給料で好きな趣味に没頭したり食べ物を食べることが出来る」という点は大きく、社会的信用度を考えても囚人が一方的に良いとは限りませんよね。

もちろん残業代も満足に出さずにつき100時間以上の残業を強いるような会社に比べればマシかもしれませんが…。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

1度会社に就職してしまうと、辞めづらいという気持ちは分かりますが、もしも「自分が壊れてしまいそう」だと感じたら、思い切って転職を考えてみて下さい。

まだまだ新社会人の方達には未来が溢れていますし、若い力は色々な所が欲しがっていますから。

新社会人の皆さん、遅くなりましたが就職おめでとうございます。仕事はキッチリと、しかし肩肘張り過ぎずに頑張って下さい。オンとオフの切り替えをしっかりして疲れやストレスを溜めないようにして下さいね。

 

ひとりっこタイム