スポンサードリンク

中学校の武道項目に追加された銃剣道とは?ルールや危険性はないのか

私が学生の時は、高校生から武道が必修となっていました。ちなみに私が通っていた高校では剣道が必修で、あの酸っぱい臭いの防具を付けるのが少し嫌だったことを覚えています。

学校によっては柔道、弓道を習った方もいるかもしれませんね。

そんな武道が平成24年から、中学校で必修化され、中学生も武道を習うようになりました。

その項目に、「銃剣道」という武道が追加されたのです。かなり物騒な名前ですが、どんな武道なのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

銃剣道とは?

スクリーンショット 2017-03-31 14.41.14

銃剣道と聞いて、「銃剣」を使うのかと考えた方は正解です。太平洋戦争で使われた「銃剣術」を、太平洋戦争後に競技武道化したものが銃剣道です。

元々実戦に近い柔術(足関節や手首関節を極められるなど)から人間教育のためとして柔道が派生したように、競技用のスポーツとして派生したワケですね。

剣道で使われるのは竹刀ですが、銃剣道で使われるのは木銃と呼ばれるもの。

スクリーンショット 2017-03-31 14.11.48

そもそも銃剣道が出来たのは1940年と戦前です。その当時はまだ銃剣術となんら変わらなかったそうです。

戦争に敗北し、GHQによる占領によって武道は禁止されましたが、その後占領状態が終了すると、1953年には各県で銃剣道を再興する動きが出始め、自衛隊でも銃剣道が体育の一部として採用されることになります。

1956年には銃剣道の全国組織として全日本銃剣道連盟が結成され、その後日本体育協会などに加盟することで復活を果たしました。

と言っても一般の競技者は少なく、競技人口の大半が自衛官という状態なのだとか。

スクリーンショット 2017-03-31 14.22.14

上記の画像のように、剣道の防具とほぼ同じものを装着し、相手の喉や胴体を突き合って1本を2回先取した方の勝利となる、剣道に似た競技内容です。

一般にはかなりマイナーな武道だと言えますね。

また、突きがメインの武道のため危険がないか心配になるかもしれませんが、幾度化のルール改変によって「銃床部にあたる【床尾板(しょうびばん)】での打撃禁止」「左手で持つ場所の限定化」でかなり危険は少なくなっています。そもそも剣道と同じような防具を付けているなら大丈夫でしょう。

しかし、中学校での選択武道の1つになったことにネット上からは

 

 

 

 

という意見もありました。確かに自衛官経験者でもないとほぼ習っていない武道ですから、指導出来る方が少ないのはしかたないのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

多少の危険があるのはどんな武道もスポーツも変わりません。しっかりと安全を意識して個人個人が取り組めば、危険は少なくなるでしょう。

それよりも問題なのは指導出来る方の数が少な過ぎる点ですかね。その影響もあるのでしょうが、銃剣道を学ばせる学校は出てくるのでしょうか…。個人的にはかなり興味あるんですけどね。

 

この記事を書いた人

編集部
編集部
ひとりっこタイムを運営する、実はひとりっこじゃない集団です。
不意にできた1人の時間を有意義に過ごしてもらうため、日夜奮闘しています!
ひとりっこタイム