スポンサードリンク

【春のセンバツ】報徳学園と21世紀枠の多治見高校の試合が21づくし?

高校野球と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、夏の甲子園大会でしょう。甲子園と言えば高校球児の憧れであると共に、多くの野球ファンが待ち望む一大イベントでもあります。

そんな高校野球には、もう1つ大きな大会があります。それが「春のセンバツ」と呼ばれる選抜高校野球大会です。

現在行われているセンバツの2日目の第二試合で、21世紀枠で初出場を果たした多治見学園と、出場常連校の報徳学園の試合が行われました。ですが、その試合が「21」づくしだと話題になっているのです!

 

スポンサードリンク

 

報徳と多治見と「21」と

スクリーンショット 2017-03-20 18.25.19

春の選抜高校野球大会と言えば、夏の甲子園と並ぶ高校野球の2大大会です。センバツとも呼ばれていますね。

そのセンバツは全国大会なのですが、夏の甲子園大会と違い、秋季大会などの成績を考慮して選考委員によって選ばれた高校が出場出来るのですが、それとは別に21世紀枠という出場枠があります。

スクリーンショット 2017-03-20 18.30.03

これは秋季都道府県大会において参加校数が128校を上回る都道府県はベスト16、それ以外の県ではベスト8以上に勝ち残った高校の中から、恵まれない環境や他校・地域に良い影響を与えているなどの理由で認められた高校が3校選出されるのです。

その21世紀枠で念願の初出場を果たした岐阜県の多治見高校と、センバツ常連の兵庫県の報徳学園の試合が行われました。

スクリーンショット 2017-03-20 18.25.29

こちらは21世紀枠に選ばれ、初出場の喜びに湧く多治見高校野球部員達。

スクリーンショット 2017-03-20 18.26.35

報徳学園は数多くのプロ野球選手を排出してきた名門でもあり、多治見高校の旗色が悪いという前評判はありましたが、健闘を期待するコメントも多く出ていました。その試合は前評判通り報徳が勝利したのですが、その試合が21に関連することだらけだったことで話題となっています。

 

21世紀枠の多治見高校

・多治見高校野球部は創立が昭和21

・報徳学園が21安打

・報徳学園が21得点

・試合スコアが21-0

・報徳学園が3年振り21回めの出場

2時10分に試合終了

・岐阜県の県コードは21

 

スクリーンショット 2017-03-20 18.24.08

などなど。これは確かに凄い偶然ですよね。ネット上からも

 

 

 

 

 

とこの偶然に驚く声が多数コメントされていました。狙ってやっても出来ないであろう奇跡であり、注目されるのは当然と言えますが、本当に凄い偶然ですよね!

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

多治見高校にとっては辛い敗北となった試合でしたが、これを機により一層練習に励んで強くなって欲しいと思います。

それにしても、この試合は本当に「21」に関連したが出るとは、運命的なものを感じてしまいますね。

 

ひとりっこタイム