スポンサードリンク

JR車掌が胸ぐら掴み暴言?無賃乗車や横柄な態度の客に敬いは必要か

私たちが普段から利用している電車などの公共交通機関。それらは人間の手によって運行が行われていますよね。

そしてそれらに乗る為には、運賃を支払う必要があります。

そんな中、JR北陸線普通列車の車掌が、客とトラブルになったと報じられ話題になっています。客に暴言を吐き、胸ぐらまで掴んだそうなのですが、一体何があったのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

JR西日本の車掌が暴言?

スクリーンショット 2017-03-17 13.32.45

3月11日18時頃、JR西日本金沢支社福井運転センターに所属する30代の男性乗務員が、無人駅である王子保(おうしお)駅(福井県越前市)から敦賀駅(同県敦賀市)に向かう学生に切符の有無を確認、いわゆる車内改札をしたところ、切符を持っていなかったそう。

そこで学生が

 

「いくらっすか?」

 

と尋ねられた際に「言葉遣いに気を付けろ」と睨んだそう。更に、音楽を聴いていたイヤホンを引き抜き、切符購入後に再び胸ぐらをつかまれ「こっちに来いや」と引っ張ったという騒動が起きたそうです。学生は

 

「いきなり胸ぐらをつかまれビックリした。JRに乗るのが怖い。(あのような行為は)許せない」

 

と話しているそうです。

 

ここまで聞いていると、車掌が傍若無人な態度で学生を威圧したとも取れますよね。しかし、ここで状況を整理してみましょう。

学生は無人駅から乗車しました。そして車掌の話では聞こえないふりをしているように見えた、とも話しています。つまり「切符を購入せず目的地まで行き、切符を落としたと虚偽の深刻をして乗車賃を騙そうとしていた」とも取れますよね。

※王子保駅から敦賀駅までは580円ですが、敦賀の隣駅である南今庄駅からならば320円です。

スクリーンショット 2017-03-17 12.33.37

というよりも「そうでなければおかしい」のです。切符の購入は王子保駅のような無人駅を利用する人間ならばシステムは分かるはずですし、そもそも素直に申告するでしょう。購入する方法が分からなかったならば、素直に「どこで購入すればいいのでしょうか?」と申告するはず。

車掌は、

 

「学生が車内改札時に寝たふり、聞こえないふりをしているように見えて、イヤホンを外して声かけした」

 

と話しているそう。もしもそのまま寝たふりを通そうとしたならば、これは立派な無賃乗車です。そして無賃乗車は立派な犯罪行為でもあります。

そして極めつけは学生が観念した際の「いくらっすか?」です。言葉遣いに気をつけろと怒られても仕方ないですよね。

 

客は神様ではない

スクリーンショット 2017-03-17 12.55.10

そもそも最近の「お客様は神様なんだから何したって良いだろ?」という風潮が、編集長は大嫌いです。

ここではっきり言いたいのですが、

 

「客は神様ではなく同じ人間であり、金銭と商品・サービスを提供するという立場の違いがあるだけで対等の関係だ」

 

と言いたいですね。そもそもこのフレーズは三波春夫さんが「神前だと思って心を込め、芸に磨きをかけ、心の雑念を払い最高の歌を歌わせて頂きます」という意味を込めて発言した言葉ですからね。

スクリーンショット 2017-03-17 13.31.17

もちろん商品・サービス提供者は気持ち良く購入・利用してもらい、贔屓になってもらうために丁寧に接します。しかし、決して客の立場が上なワケではありません。物々交換と同じで対等な関係なワケですよ。

もちろん今回の騒動での駅員の態度は良くなかったでしょう。胸ぐらを掴むというのはしてはいけない行為だと思います。

しかし学生側も「寝たふり、イヤホンしたまま会話、タメ口などの横柄な態度」など、とても見られた態度ではありません。親の顔を見てみたいですよ。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

今回の一件は、双方に非があります。車掌側は胸ぐらを掴んだりと威圧的な態度をとってしまったこと、学生側は言動全てに非があると思います。

車内で切符を購入するシステムは客の良心を信用してのこと。それを逆手に取って「あわよくば」とでも思ったのでしょうか…。どちらにせよ、学生は「許せない」なんて発言をする前に口の聞き方や態度をもう一度親に厳しく躾けてもらう必要があるようですね。

 

ひとりっこタイム