スポンサードリンク

引退した加藤一二三ことひふみんが「シャドウバース始めてみようかな」

将棋、囲碁、チェスなどのボードゲームは頭を使うゲームの1つ。

2人で対戦するもので、相手の手を予想して如何に自分に有利な手を出していくのか、相手の動きにどう対応するのかというものが必要になるゲームですよね。

プロレベルになると、数十手・数百手読み合うのは当たり前とも言われているほどの次元で戦われています。

そんな中、将棋のプロで「1分将棋の神様」「神武以来(じんむ このかた)の天才」の異名を持つ加藤一二三さんが、新たなステージへ歩むことが分かりました。そのステージとは、シャドウバース!?

 

スポンサードリンク

 

加藤一二三(ひふみん)とは?

スクリーンショット 2017-03-13 14.10.02

加藤一二三(かとうひふみ)さんとは、ひふみんの愛称で親しまれている将棋棋士で、現役最年長棋士と言われていた方。

現在77歳棋界最古参棋士の1人であり、戦前生まれの名人経験者で最後の存命棋士でもあります。14歳7ヶ月でのプロ合格史上初の中学生棋士・最年少棋士として62年に渡り破られなかった記録を持っています。そして敬虔なクリスチャンで、聖シルベストロ教皇騎士団勲章を授与されていることも有名です。

スクリーンショット 2017-03-13 14.11.43

※2016年に藤井聡太棋士が14歳2ヶ月で四段昇段を果たし、記録更新となりました。

 

うなぎの食べ過ぎで病院に運ばれるうっかり?な一面や、軽妙かつ愛嬌たっぷりな語り口などで対局だけでなく解説役としても人気であり、ファンが非常に多い方ですよね。

そんな加藤さんが、なんと新たなステージに挑戦しようとしているそうなのです!

 

ひふみんがシャドウバース!?

スクリーンショット 2017-03-13 14.12.39

2017年1月19日、第75期「名人戦」のC級2組順位戦の対局で、競争相手の竹内雄悟四段が勝利、加藤さんの降級が確定となってしまい、定年規定により引退が決定となってしまいました。そのため63年間の棋士生活に終止符を打つことになりますが、他の勝ち残り棋戦が終了するまでは現役となるため、今季の予定されている対局が全て終わった時点での引退となります。

スクリーンショット 2017-03-13 14.14.42

※こちらは最年少記録を破った相手藤井聡太四段との対局後の感想戦です。

 

その加藤さんが、なんとカードゲームアプリの「Shadowverse(シャドウバース)」を始めてみようかな?と発言され、注目が集まっています。

 

 

 

 

 

「シャドウバース」はCygames(サイゲームス)が配信しているデジタルTCGアプリ。800万DLを超えるなど人気で、私もたまにプレイするゲームです。

しかし、77歳を超えた加藤さんがシャドウバースを始めようとしているとは本当に驚きました!もしもプレイされたら、間違いなく強いでしょうね。運の要素が強いとはいえ、深い戦略眼と思考力は確実にプレイに発揮されますし、相手に取っては脅威となることは間違いないでしょう。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

年齢を感じさせない言動で、多くのファンがいる加藤さん。

もしもシャドウバースを始められたら、是非とも対戦してみたいですね。ボコボコにされそうですが(笑)

これからも健やかに、私たちを魅了していって欲しいですね!

 

ひとりっこタイム