スポンサードリンク

A氏に学ぶ!ネット・SNSで怖い身バレ・個人特定されない3つの方法

インターネットが普及し、さらに簡単に自分の情報が発信出来るSNSが当たり前に使える時代になった現在。

TwitterやFacebookなどのSNSを利用していない方の方が少ないのではないかと思います。しかし、あまりにも簡単に情報が発信出来てしまうため、あまり深く物事を考えずに利用されている方が多いのではないでしょうか。

しかし、迂闊な自分の一言がネット上で炎上してしまったり、挙げ句の果てには個人が特定されてネット上に晒されてしまう可能性もあります。

そんな身バレ・特定されないためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

不用意な発言や写真のアップに要注意!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-09-55

インターネット、特にSNSが発達し、スマートフォンで手軽にTwitterなどをいじれる時代。ちょっとした風景の写真のアップロードから、町中でのふとした出来事、地元民しか分からない話など、幅広いコメントが可能になっていますよね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-12-18

実際に利用している方もきっと多いことでしょう。

しかし、ここで1度振り返ってみて下さい。迂闊な投稿によって、個人情報が漏れるような発言をしていませんか?

こんな投稿をした場合、個人情報が特定されてしまう可能性があるんです。

 

「自分や家族・友人などの名前」

「自分や家族・友人などの顔出し写真」

「【○○学校△年生です】【○○で働いています】などプライベートな情報」

「自宅近辺の写真」

「その日の天気」

 

など、簡単に出しただけでもこれだけあります。

さらに「○○線遅れてる!遅刻だ!」なんて発言があれば、最寄り駅まで特定されてしまう可能性もありますから、実は以外と危険なんですよ!

「天気なんて大丈夫なんじゃ…?」と思うかもしれませんが、それだけでどの地域に生活圏があるのかなどが判明してしまう危険もあり得るんです!

さらに近所の写真などは、撮影した場所がストリートビューなどで特定されてしまう恐れがあります。実際にベランダからの写真をアップした方が、ストーカーに住所を特定されてしまい、Twitterに「住所特定のテクニック口座」なるものを送りつけられたと言う事案も発生しています。

 

 

恐ろし過ぎる…!!!

このように、ちょっとした迂闊なコメントや画像の投稿で、自宅の住所や電話番号、勤め先などがバレて(“身バレ”して)しまうことがあるんです。

さらに、つい先日世間を賑わせた成宮寛貴さんのコカイン使用疑惑からの引退騒動。

その一連の騒動の中心人物である友人A氏が、netgeekによって「スカイ・フランコ」「真月ブルシ」という複数の人物達であったと特定したことを報じて話題となっています。

 

ネットで身バレしない3つの方法

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-24-26

インターネットという万人にとって非常に便利なものが、途端に恐ろしいものに感じたことでしょう。

では、どうやって自身が特定されないようにするのか。そのためには3つの方法があります。

 

1:「SNSを利用しない」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-28-17

まず一番最初に考えられる対策として、TwitterやFacebookなどのSNSを一切利用しないということが挙げられるでしょう。

自分は発信者とならず、読者としての立場を貫くわけです。

そうすれば個人を特定するための情報がそもそも存在しておらず、何かの巻き込まれ事故のような形でも無い限り自分の個人情報が特定されるということはあり得ません。

しかし、今の時代にSNSを一切遮断するということは生活する上で難しいことでもありますので、あまり現実的な方法とは言えないでしょう。

 

2:「不用意な情報をSNSで投稿しない」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-11-32

この方法が最も重要だと言えるかもしれません。

自身や周囲の人間の特定に繋がりそうな情報(自身や周囲の人間の画像や情報など)をネット上へ投稿することを控えれば、かなりの確立で個人情報を特定されるということはないでしょう。

と言ってもそれを徹底すると、殆ど投稿が出来なくなってしまいます。自分の身は自分で守らなければいけないので徹底しなければいけませんが、沢山交流したいという方はある程度の妥協も必要かもしれません。

「絶対に身バレしたくない!」という方は、今後の

 

3:「炎上しそうな言動をしない」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-36-53

ネット上で実名を名乗っている方はあまり多くありません。一応個人情報が漏れるのを防ぐため、頻繁に使っているアカウントは偽名やニックネームを使われている方が多いことでしょう。

しかし、ネットは匿名性が高いと考えている方もいるかもしれませんが、実はそこまでプライバシーが守られているわけでもありません

本名を出さなくて良いネット上では、高圧的な言葉を出してしまいがち。そうすると「報復として個人情報を特定して拡散してやろう」という人間が出てくるかもしれません。

そのため、ネット上では丁寧な言葉遣いや気配りを持つようにしましょう。

また、現実世界でもそれは同じです。例えば最近多くなってきた「バイトテロ行為」をしてしまったら、即座にネット上の特定班が動きだし、プロの探偵も顔負けの情報収集力で個人情報を特定してしまうでしょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-26-18-32-19

どうしてこんな行為が出来るのか、正直理解に苦しみますよ。こういう行為をした方は自業自得だと思ってしまいます。

常日頃から「これはしても大丈夫だろうか?」という疑問を持ち続けながら行動するようにすれば、個人情報を特定され身バレしてしまうようなこともないでしょう。

しかし、バイトテロなどの悪質な行動をしていなくとも、ストーカーや悪質なイタズラのために個人情報を狙っている輩は後を絶ちません。

そのため、自衛のためにも個人を特定される可能性のある投稿やコメント、さらには行き過ぎた言動は絶対にしないようにしましょうね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

成宮さんの一件で特定されたA氏。またzngoさんの住所などを特定したストーカー。その手口はとても恐ろしく感じてしまいます。

「住所がバレてもいい」「ネット上で晒されても一向に構わん!」という剛毅な方以外は、特に簡単に自分の情報が発信出来るSNSの利用は気をつけるようにしましょうね。

 

ひとりっこタイム