スポンサードリンク

Google翻訳がニューラル・ネットワークの導入で精度向上!?実際は…

私たちのネット閲覧に欠かせないGoogle。

何か分からないことがあったら「Google先生に聞け」「ググれ」なんて言葉も普通に世間一般に浸透しました。もちろん知らない方もいますけどね。

そんな私たちの身近な存在である検索エンジンのGoogleでは、様々なサービスが用意されています。その中の1つである「Google翻訳」と言えば、英語を日本語に変換したりその逆も可能と非常に便利な存在です。

しかし度々珍回答をすることから、あくまでも参考程度にしたりネットでネタにされたりしてきました。ところが、そのGoogle翻訳の精度が劇的に向上したそうなのです!一体何があったのでしょうか。

 

スポンサードリンク

 

Google翻訳とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-14-44-05

Google翻訳とは検索エンジンやソフトウェアなどのインターネット関連サービスの大手「Google」から提供されている翻訳サイトのことで、テキストの一部分、もしくはウェブページ全体を他の言語に翻訳してくれるサービスです。

その翻訳を即座に、さらに音声で喋ってもくれるため、利用している方もきっと多いことでしょう。

しかし、問題となっているのはその精度です。当サイト「ひとりっこタイム」を作った理由などを綴った「ひとりっこタイムとは?」というページを実際に英語に翻訳し、日本語に再翻訳してみました。その結果

 

「一度は何ですか?」

そのような言葉はすべての始まりでした。
あなたは突然それをやることができた一人の人にとって、どうやって有意義な時間を過ごしていますか?

一言の時間はこの言葉から始まった。

最新の話題から癒されたものまで、笑いから感動して、様々な話題でお楽しみください。

私は貴重な時間、暇な時間、孤独で孤独で孤独な時間、恋人なし、

「このような殺しの時間があったらいいのに...」

私は涙で時間を過ごしたい、意味がある! (はい、それは私です。)

私は一人の時間が作るべきものではないと思うが、それは瞬間に来るだろう。

私たちはその時間を「一回」と呼びます。

誰もが訪れることができればと願っています。「日の丸の時」は充実した瞬間です。

 

これは酷い(笑)

何を言いたいのかは部分部分では分かりますが、時折「何を言っているのか、俺にも分からねぇ」という翻訳になってしまっていますね。

というか殺しの時間って(笑)

 

Google翻訳が劇的進化!でも…

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-14-43-14

そのGoogle翻訳の精度が劇的に進化したと発表され、話題となっています。なんとニューラル・ネットワークなるものが導入され、賢くなったのだそう。

ニューラル・ネットワークとは、人間の脳の神経回路の仕組みに見られるいくつかの特性を、計算機上のシミュレーションによって表現することを目指した数学モデルのこと。

コンピュータに学習能力を持たせることにより、様々な問題を柔軟に解決することが出来るようになるというものです。

この機能をGoogle翻訳に導入したことで、チンプンカンプンな翻訳が少なくなり、より自然に翻訳をしてくれるようになるというわけです。流石Google先生!!

しかしネット上では

 

 

 

 

調べてみたところ、日本語から英語は対応しているものの、どうやら日本語から英語への翻訳にはまだ対応していないそうです。対応する準備は出来ており、数ヶ月後の実装を予定しているそうですよ♪

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

編集長は英語が出来ません。編集長は英語が出来ないんです!

そのうち自動翻訳機が活躍してくれるだろうと希望を抱いていましたけど、こんなに早く来るかもしれないとは…。精度次第ですが、学生は歓喜するかもしれませんね!

ちなみに、当ひとりっこタイムはふとした時に訪れる1人の時間を充実して過ごしてもらえるようなサイトを目指しているので、先程の翻訳のように殺伐とはしていませんのでご安心ください(笑)

 

ひとりっこタイム