スポンサードリンク

iPhone7プラスに性能差?モデムがインテルだと30%も処理速度に違いが

私たちの生活に、もはや手放せない程まで浸透したスマートフォン。

特に熱狂的な信者が多いiPhoneは、最新機種になる毎に新たな機能や性能向上により発売日に長蛇の列が出来る程の人気を誇っていますよね。

しかし、そのiPhoneの最新機種である「iPhone7プラス」で、同じ機種のはずなのに性能差があるということを知っているでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

iPhone7

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-15-54-50

iPhoneは、Apple社が作成し販売しているスマートフォンです。その最新機種であるiPhone7は、これまでのiPhoneには実現していなかった「防水」機能と「FeliCa」を搭載しています。

またイヤホン端子も無くなり、専用のイヤホンジャックアダプターに繋いで利用する形に変更されています。この点は不満を持つユーザーも多くいるようですね。充電しながら利用が出来ないのは少し不便だと感じてしまいます。

しかしバッテリー性能が大幅に向上し、長持ちするようになっている点は嬉しいところ。最新の機種を買うか、安くなった型落ち品を買うかは各ユーザーの判断に任せられるところでしょう。

ところで、そのiPhone7に性能差があることをご存知でしょうか。

 

同じiPhone7なのに性能差が?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-15-55-04

同じiPhone7にも関わらず、実は性能差があるという事実を突き止め発表したのは、アメリカのセルラー・インサイツ。

実はiPhone7プラスはモデムを2種類使用しています。インテル製とクアルコム製の2種類なのですが、実はそれらに決定的な性能差があることが判明したのです。

そしてこれはiPhone7プラスだけでなく、iPhone7でも同様のようです。

どの程度性能差があるのかというと、クアルコム製に比べてインテル製の方が30%程処理速度が遅いのだとか。処理速度はネット閲覧からアプリで遊ぶ時まで、無視することの出来ないスペック。これが低いものがあるなんて、と驚いてしまいました。

一応インテル製のものでも、iPhone6sの受信状況が良くない時と同程度の性能はあるそう。しかし最新機種で1つ前の型の混雑時の処理速度と同じというのは、納得が出来ない部分でもありますよね…。

ですが、安心して下さい。日本で発売されているiPhone7はクアルコム製のモデム搭載型だそうですよ♪

しかし海外の製品を取り寄せたり、中古製品を購入したり場合、インテル製モデムタイプの可能性が出てきてしまいます。インテル製のモデムが入っているモデルは「A1778」「A1784」の2種類だそうなので、この点はよく確認した方がいいでしょうね!

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

なぜ2種類のモデムを使っているのか、Appleからの回答は無いそうです。おそらく部品の供給先を複数にして納入コストを下げたり、リスク軽減を目的としているのでしょう。

それでも同じ値段で性能に差があるというのは不公平感が出てしまいますよね。

皆さんもiPhone7への機種変更を考えている場合で、中古での購入などを検討している方は、しっかりと型番をチェックしてインテル製ではなくクアルコム製のモデムの物を購入するようにした方が賢明ですよ。

 

ひとりっこタイム