スポンサードリンク

マイケル・ジョンソンの400m世界記録を更新したバンニーキルクとは?

世界記録(ワールドレコード)、それは文字通り世界で最も素晴らしい記録であり、全ての選手が目標として目指す頂点でもあります。

世界トップクラスの選手が一同に会するスポーツの祭典「オリンピック」では、度々この世界記録が更新されています。しかし、世界記録はそう簡単に塗り替えられない事も事実です。

そんな中、また新たな世界記録保持者が誕生しました。なんとしばらく更新は出来ないだろうと言われていた陸上400m、あのマイケル・ジョンソンさんの記録を塗り替えたのです!その選手の名前は「ウェイド・バン・ニーキルク」選手です!一体どんな選手なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

400m走で世界新誕生!

スクリーンショット 2016-08-15 15.03.36

陸上競技はオリンピックでも最も注目度の高い種目と言っても過言ではありません。その世界記録保持者は世界中で名を知られる事になるのは間違いありません。

100m・200m・400mリレーで世界記録を持つ、世界最速の男「ウサイン・ボルト」選手が良い例ですよね。

そんな中、14日に行われた陸上男子400mでとんでもない記録が生まれました。この400mの世界記録を保持していたのは、かの有名なマイケル・ジョンソンさん。

1999年の世界陸上で世界記録を更新、2000年のシドニーオリンピックでは史上初の400mの連覇を達成し、400mで56連勝する、200m・400mの世界記録を保持し、むこう100年は破られれないと言われる程の記録を持った伝説の選手でもあります。

スクリーンショット 2016-08-15 14.55.29

そのジョンソンさんの持つ世界記録を更新した猛者が現れたのです!

 

ウェイド・バン・ニーキルク選手とは?

スクリーンショット 2016-08-15 15.04.10

現在開催されているリオオリンピック。男子陸上400mの決勝戦が14日に行われました。

実はこの競技は「人間がスプリント(短距離走)出来る限界の距離」と言われていて、初心者では完走後に呼吸困難・嘔吐してしまう方も出てくる程の過酷な競技です。

そのため記録更新は困難とも言われていて、事実女子の400mでは1985年から約30年間世界記録の更新が出ていない種目でもあります。男子も1999年のマイケル・ジョンソンさんが出した43秒18というタイムから17年もの間記録更新が出なかったのです。

スクリーンショット 2016-08-15 15.02.51

その圧倒的な記録を破ったのは、南アフリカ共和国代表のウェイド・バン・ニーキルク選手。優勝候補と目されていなかったバン・ニーキルク選手は、一番外の第8レーン。しかし前評判を覆し、結果として世界記録を0.15秒も上回る43秒03というタイムで世界記録更新と優勝を成し遂げたのです!

BBCで解説を行っていたジョンソンさんは

 

「こんなレースは見たことがない。素晴らしい。バン・ニーキルクには完敗だ。あの若者は本当に特別なことを成し遂げた。私が挑戦して失敗した43秒切りもできるだろう。8レーンで走れたことが利いた。ジェームスとメリットから離れて、タイムトライアルを走っている状態だった」

スクリーンショット 2016-08-15 14.55.47

と褒めちぎっていました。ジョンソンさんに「完敗だ、素晴らしい」なんて賞賛される程の素晴らしい結果を残したバン・ニーキルク選手。

ケープタウン出身で、ジュニア時代は走り高跳びをされていましたが、短距離に転向されています。

しかし、昨年2015年の北京世界陸上では昨季最高記録となる43秒48というタイムで400mを優勝したものの、なんとレース後に呼吸不全による体調不良で緊急搬送される事態になっています。それほど過酷なレースの世界記録を更新するとは、本当に素晴らしい偉業を成し遂げましたね!

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

実に17年振りの世界記録更新。過酷なレースの中で、実に見事な走りでした。

破れないと言われたジョンソンさんの記録を更新したバン・ニーキルク選手。次は前人未到の42秒台を期待しています!

ひとりっこタイム