スポンサードリンク

ポケモンGOのDL数が1億突破!1日の課金額は10億円突破か

任天堂が世界で誇るコンテンツの1つ、ポケットモンスター。そのゲームアプリとして登場し、瞬く間に配信されている国々で社会現象を起こしているポケモンGO。

そのポケモンGOの世界累計ダウンロード数が推定で1億を突破した事が分かりました。

まだ配信してから1ヶ月も立っていない時点でこの記録は凄まじいのですが、なんと過金額も恐ろしい事になっているようです!

 

スポンサードリンク

 

ポケモンGOが1億DL突破!

スクリーンショット 2016-08-03 15.58.03

ポケモンGOが最初に配信されたのは、アメリカとオーストラリアの7月6日。日本国内で配信されたのは、子供達が夏休みとなった7月22日でした。

日本国内での配信からのダウンロード件数はたった3日で1000万DLに上り、その驚異的なまでの影響力が伺えますね。

そして世界での合計ダウンロード数が、1億を突破した事を調査会社の「App Annie」が明らかにしました。グーグル社やアップル社は正確な情報を公開していませんが、このApp Annieという会社は世界最高水準のアプリ市場データを分析して提供しており、信憑性は極めて高いと見られています。

スクリーンショット 2016-08-03 15.58.45

しかし世界で配信されているとはいえ、たった3週間程で1億DLされるというのは異常なレベルだと言わざるを得ません。どれだけポケモンというコンテンツが世界中で愛されているのかを思い知らされました。

 

課金額も驚きの数値!

スクリーンショット 2016-08-03 15.56.13

そしてアプリのダウンロード数も凄まじいのですが、アプリ内での課金額もこれまた凄まじい事になっています。

なんとその課金額は1日約1000万ドル日本円で約10億円に上ると見られています。1日で世界中合わせてですが、10億円課金していると考えるととんでもないコンテンツですよね。

しかもポケモンGOの凄いところが、ガチャなどではなくゲーム内のスポットなどで補充できるモンスターボールなどのアイテムや、卵を孵化させる孵化装置、ポケモンが出やすくなるお香や経験値2倍アイテムのしあわせタマゴなど。

つまり他のゲームアプリと違い、ポケモン自体を課金で手に入れるようなシステムでもないのにこれだけの課金額というのはとんでもないことなんです!

 

今後のポケモンGOはどうなる?

スクリーンショット 2016-08-03 15.53.44

現在数多のポケモンGOユーザーを町中で見かけますが、どうやらその現象も落ち着きを見せてきたよう。ネット上では「ポケモンGOに飽きた」というコメントが出始めていたりと熱が急激に冷めているようにも見えますよね。

しかし、今までが異常だったんです。町中でスマホをいじっている2人に1人はポケモンGOをプレイしている状態がおかしかったんです。

飽きたと離れていくプレイヤーがいるにも関わらず、App Annieは「ポケモンGOの勢いに陰りはない」と断言しています。試しにプレイしてみたが肌に合わなかったユーザーが離れているだけであり、少なくとも国内のゲームアプリでトップクラスのユーザー数を維持する可能性は十分あるコンテンツだと言えるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

ユーザー離れの大きな原因の1つとして、バグが多発する事に耐えられないというものが考えられます。それらを今後のアップデートで少しずつ排除していけば、とても面白いアプリとなるのは間違いないでしょう。

今後はトレード機能や、ジムリーダーの実装などがあると言われていて、まだまだ進化する可能性を秘めたポケモンGO。私もある程度の強さのトレーナー目指して頑張りたいと思います!

ひとりっこタイム