スポンサードリンク

Windows10アップグレード通知が凶悪化!対策方法は?

Windowsのパソコンを使っている方ならいまや誰もが経験している「Windows10へのアップグレード」騒動。

Windows10では対応していないプログラムが多い事や、使い勝手が悪いと悪評が目立ち、現在でもアップグレードを控えるユーザーは後を絶ちません。

そんな現状に業を煮やしたのか、Microsoft社は強行手段に出たようです。なんと設定を弄らないと、Windowsアップデートに際して自動的にアップグレードをしてしまうという通知をして来たのです。

 

スポンサードリンク

 

凶悪アップグレード通知

 

Windows updateはプログラムを自動的に更新している方が大半です。そのアップデートに軽い騒動になっているWindows10のアップグレードプログラムを組み込んでしまっているのです!

スクリーンショット 2016-05-17 14.57.32

つまりアップデートと同時に勝手にアップグレードするように予約されてしまっている状態だとか。

これまでにもこのような通知を受けた方が多くいたそうですが、ここ数日で「5月18日に行われるWindows UpdatesでこのPCはアップグレードされます」と予告されるようになったユーザーが一気に増加して軽いパニックになっているそう。

この場合は画像の「ここ」の部分をクリックし、アップデートの日時設定の画面になったら「アップグレードの予定を取り消す」を押し、次の画面でもう一度アップグレードの予定を取り消しを押したら完了です!

しかし、今後も自動的にアップデートと一緒にアップグレードを仕組んでくるかもしれません。そういう時はコントロールパネルのWindows Updateの項目で、設定を変更して自動的に更新しないようにしておきましょう。(デフォルトでは自動的に更新するという部分に選択されています。私のオススメは「ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」です)

スクリーンショット 2016-05-17 15.14.42

スクリーンショット 2016-05-17 15.18.12

 

これでアップデートと一緒にアップグレードをしてしまう心配はなくなりましたよ!

 

なぜここまでアップグレードを強行するのか

スクリーンショット 2016-05-17 15.42.45

Microsoftは、なぜWindows10へのアップグレードに躍起になっているのでしょうか?今回の手法も、パソコンへの知識がない一般の方から見れば半強制のようにも見えますよね。

まずこれまでのWindowsユーザーは過去のバージョンを利用したがる傾向があります。「WindowsXP」から「Windows7」へのアップグレードの際も騒がれましたよね。実際に期限ギリギリまでXPを使っていた方は多かったと思います。そのため今回は延長サポート切れを迎えてから移行するユーザーを減らしておきたいというのが大きな理由と言えそうです。

しかしアップデートをした方の「使いにくい」「不具合だらけ」などのコメントを見てしまうと、アップデートをしたくないものです。さらに頻繁にOSを変えてしまっているせいで、

 

「またアップグレードかよ、いい加減にしてくれ」

スクリーンショット 2016-05-17 15.44.18

とうんざりしてしまった方も多い事も原因でしょう。そんな方達にアップグレードさせようとMicrosoftも躍起になっているんです。逆効果だと私は思うんですけどね。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

またもやMicrosoft社の強行アップグレードテロが始まりましたか…。

これまでに使っていたOSとは使い心地が違いますから、アップグレードはしたくないという方は多いでしょう。悪評も多いですし。

無償のアップグレードは2016年7月28日までと言われていますが、29日以降も無料提供を行うのではという噂も出ています。焦ってアップグレードするよりも、様子見をしておいた方が無難ですね。

 

ひとりっこタイム