スポンサードリンク

深海魚メガマウスの生態は謎?発見されると地震が起きるという伝説が!

皆さんはメガマウスという生き物を知っていますか?

メガマウスとはでかいネズミではありませんよ!深海に住む魚なのですが、実はその生態は謎に包まれているのです。

一体メガマウスとは何なのか?そして地震と深海に住む生き物達との関連はあるのでしょうか?

 

スポンサードリンク

 

メガマウスとは?

スクリーンショット 2016-04-15 17.01.49

メガマウスとは深海魚の一種で、ネズミザメ目に属しているサメの仲間です。

メガマウスは古くから日本でも発見されており、その時の和名は「オオグチザメ」と呼ばれていました。現在ではメガマウスと呼ばれる方が一般的になっているようですね。

太平洋からインド洋の熱帯から温帯の水深200m程という意外と浅めの深海に住んでいます。実は日本では異常な程目撃例が多いというのですが、本当なのでしょうか?

 

希少?目撃例は3桁以下!

スクリーンショット 2016-04-15 17.42.55

なんとメガマウスの発見例は全世界でも50例程しか無いというとても希少なサメなんです。といってもメガマウスは食用として食べられているそうで、発展途上国で見つかってそのまま報告されずに食べられてしまっている可能性も高いそうです。そう考えても発見例が少な過ぎますよね。

さらに驚くべき事に、世界のメガマウス発見例50件のうち、日本での発見は13件と桁違いに多いのです。さらに日本で発見される個体の多くがメスである事から、これが何らかの生態の解明に繋がるのではないかと言われています。

 

発見されたら地震が近い?

スクリーンショット 2016-04-15 18.03.23

メガマウスは地震と深い関係を持つと言われており「メガマウスが発見されてから2ヶ月以内にマグニチュード6以上の地震が発生する」ケースが非常に多い事が研究で分かっています。

なぜこのようなケースが多いのでしょうか?

それは「深海に住むメガマウスが地殻変動などによって起こる地場の変化に敏感で、地震から逃げるために浅瀬に姿を表すのではないか?」と言われているのです。

今回メガマウスが発見されたのは三重県の尾鷲市です。今回地震が発生した熊本県とはかなり離れていますよね。実は東日本大震災の時にも1月に同じ三重県尾鷲市でメガマウスが発見されており、その2ヶ月後の3月11日に東日本大震災が発生しています。

調べてみると地震を予兆する海の生き物は多く、例えば「リュウグウノツカイ」という深海魚は打ち上げられると地震が近いと言われています。

スクリーンショット 2016-04-15 18.08.10

このように深海に住む生物はなんらかの異常を感知しているとしか思えないのです。光が殆ど届かない場所で暮らす深海生物達は目以外の感覚器官を発達させている場合が多く、それによって異常を察ししていると言われていますが、実際の因果関係は今の所分かっていません。

 

スポンサードリンク

 

1支配人 shihainin

編集長の一言

過去にヘンテコ動物特集で紹介した幻のサメ「メガマウス」

まさか地震と関係があるかもしれないとは驚きましたが、未だその真相は不明です。しかし実際に地震が起こる事から、もし今後も同様の事態が起きた時には、しっかりと災害に備えて損はないでしょうね。ちなみにメガマウスの標本が沖縄の美ら海水族館に展示されています。興味がある方は是非見に行ってみてはいかがでしょうか?

謎に包まれた生態が解明されれば、この謎の現象も説明がつくのでしょうか?

 

ひとりっこタイム